小さな紫くん

c0126020_1816117.jpg


庭でも森でも、春への準備が着々と進んでいます。小さな芽生えを見るのは嬉しいけれど、やはり色味がなくて淋しい。そんな時期に、せっせと花を咲かせて色を加えてくれるのがローズマリー。玄関の脇に大きなブッシュがあります。少しきれいな形に剪定したいのだけれど、こんな花が咲き、小さな蕾がたくさんあるのを見てしまうと、ハサミでちょきんとやりにくい。

剪定してしまった枝は、早速、ローストポテトに加えます。やっぱりフレッシュなローズマリーを使うのが一番ですね。
[PR]
# by tantarra | 2008-01-17 18:19 |

春へ向けて 2

c0126020_5235580.jpg


この辺りの土地は石ころだらけでかなり貧しい土地なのですが、それでも、どこからどう増えたのか、葡萄の根元から沢山ヒヤシンスが芽を出し始めました。あまりに壁際、木の根もとに近いので、もう少し日当りのよいところへ移してやらないと。

春は確実に近づいてきています。これは白、それとも紫のほうかしら?
[PR]
# by tantarra | 2008-01-15 05:25 |

春へ向けて

c0126020_2121061.jpg

庭を覆っていたコークスクリュー・ヘイゼルの枝をばっさりプルーニングした週末。あたり一面が急に明るくなりました。この、くるくるぐにょぐにょ曲がっている枝は、ロンドンのリバティあたりの花屋さんなら3枝1000円位の高給花材です。(笑)

切られたところから新しい芽生えがあり、若い枝が育っていく。植物の命のたくましさにはいつも感嘆してしまいます。
[PR]
# by tantarra | 2008-01-14 21:06 |

A Happy New Year!


c0126020_229791.jpg
c0126020_2294447.jpg
c0126020_2292680.jpg


寒い毎日が続いています。クリスマス休暇に比べ、イギリスのお正月はあっさりしたもの。御元日だけお休みで早い人は2日から通常の仕事の毎日に戻ってしまう。日本ののんびりしたお正月気分が懐かしいところです。

さて、暮れにマグ用の御茶こしを買いました。一人分だけリーフティーをいれてマグでお茶が入れられる、とても便利なものです。

お茶のほうは、オーガニックのロイボシュとイミューンブーストという名前のレモンピールなどのはいったハーブティ。このお店では5センチ程の小さな缶をお試しサイズで買い求めることができます。現在コレクションは10缶ほど。気に入ったのがあれば、大きなサイズをあらためて買います。ラベンダー入りのアールグレイや、ローズ入りのアールグレイなど、気分に合わせて色々楽しめる。
お茶の時間が楽しくなりますよ。
[PR]
# by tantarra | 2008-01-06 02:36 |

クリスマスデコレーション

c0126020_18584265.jpg


先日の赤帽ノームに、白帽ノームを仲間に加えた。
小さいので、友人から届いた手作りの素敵なキャンドルをお立ち台とする。
制作者の頭文字がサインされているスウェーデンからのお客様。
[PR]
# by tantarra | 2007-12-27 19:02 | みつけた!いいもの

Merry Christmas

c0126020_23492241.jpg


霧、霜、今年の冬は雪がないのに白い世界が続いている。クリスマスになって寒さが緩んだ代わりに雨模様。もう少し寒気が続いていたらホワイトクリスマスだったのに!

古樹が、乳白色の霧の世界に、手を伸ばす。


Merry Christmas, everyone!
[PR]
# by tantarra | 2007-12-25 23:54 | 風景スケッチ

静かに ひそやかに

c0126020_5503350.jpg


週末、ロンドンのヴィクトリア&アルバートミュージアムにでかけました。

このモクレンは、木彫の花です。Out of Ordinary: Spectacular Craft展の中に展示されている、須田よしひろさんという、東京在住のアーティストの作品。

「自分がどれだけ正確に、精密にものを作れるか、その限界を知りたい。オリジナルにそっくりに作るというのは時代遅れかもしれない、今のファッションではないかもしれない。けれど、現象、自然をじっくり観察して、高い技術をもってそれを再現する、というアイディアそのものには、深いものが有ると思う。そのために必要とされる技術は非常に高度である。そこに終わり、はない。次はもっと良く作る、それしかない」と述べられています。

ひっそりと、静かに。
それでいて、きりっと自分の存在を主張する。。。
そんな作品だと思いました。

c0126020_5563367.jpg

[PR]
# by tantarra | 2007-11-28 05:57 | art