カテゴリ:風景スケッチ( 24 )

のびのびと

c0126020_358921.jpg


のどかなカウベルの音が風にのって聞こえてくる。
牛がのんびり草を食み、
山羊が静かな瞳をこちらへ向ける。

草原をころころころころ、転がって、湖にダイブ!

ああ、のびのびとして気持ちのいいところ。
[PR]
by tantarra | 2008-09-23 04:00 | 風景スケッチ

ポエムが生まれるところ

c0126020_7215730.jpg


「あなたに わたしの想いが届くでしょうか」

雄大な自然を目の前に、メランコリーなプリンスの横顔を見ていると
ふっと詩心が沸き立ちませんか?


先月から何度か打ち合わせにでかけていた仕事が終わりました。
美しい環境の中で、スタッフにも恵まれ、ハードワークながら役得のある仕事だなぁと思います。
[PR]
by tantarra | 2008-09-21 07:26 | 風景スケッチ

静かな風景

c0126020_352191.jpg


スイスでの仕事先には、ひっそりした小部屋がありました。暗い室内は、その昔どんな人たちがここでどんな会話を交わしたのだろうと、好奇心をかき立てます。

古いものを大切に保存すること。
それはまた、そこに秘められた物語を、ずっと語り続けていくこと。
日本の、物語を秘めた壁、土、樹木、床、畳、藁葺き屋根、どれも大事に残していきたいと思いませんか。
[PR]
by tantarra | 2008-08-19 03:10 | 風景スケッチ

涼しい風景

c0126020_21361121.jpg


確か、チューリッヒは、世界で一番生活水準が高い都市として選ばれていたと思います。どこにもごみの一つも落ちていない、清潔な都市です。そこからこれまた清潔な2階建ての列車で一時間ほど走ると、湖のほとりに開けたルッツェルンへたどり着きます。

丸いキャップをかぶったような建物は、まさにメルヘンチックな絵本からとびだしてきたよう。

c0126020_21424521.jpg


湖の向こうに見える切り立った山々のスケールは、イギリスでは見られないもの。ここはいかにも、空間が伸び伸びとしています。コッツウォルズはもっと、小さくこじんまりとまとまった空間ですから、ときどきこういうのびのびと広がる所で、大きく伸びをするのも、またいいものなのですよ。

残暑の厳しそうな日本の皆様へ、この爽やかな風が届きますように。
[PR]
by tantarra | 2008-08-17 21:52 | 風景スケッチ

ラッキー7

c0126020_17571241.jpg



ドアの色はほんとうにこのあたりの石壁にあう色です。
[PR]
by tantarra | 2008-06-28 17:58 | 風景スケッチ

鍵穴

c0126020_23323178.jpg


コッツウォルズには、絵になる小さな村がたくさんあります。

古い修道院の回廊。
重たい木戸のこの鍵穴には、色々な物語が隠されていると思われませんか?
[PR]
by tantarra | 2008-06-06 23:41 | 風景スケッチ

見かけなくなりました

c0126020_82084.jpg


これはもと小さな教会だった建物なのでしょうか。十字架のほかに、壁にどういうわけだか大きな時計がはめこまれています。

その脇の赤い電話ボックス。携帯電話の普及と型の近代化で、この懐かしい箱形、しかも真っ赤な電話ボックスは、最近ではめっきり姿を消してしまいました。
[PR]
by tantarra | 2008-06-03 08:21 | 風景スケッチ

ウィステリア

c0126020_535058.jpg


日本では藤は棚作りにするのがほとんどだと思うのですが、イギリスでは壁に沿って育てているのを多くみかけます。

藤、というより、英名のウィステリア、の雰囲気ですね。冬の間石色だった壁が、この季節、色々な花の色に彩られて、明るくなります。


c0126020_18452753.jpg

[PR]
by tantarra | 2008-06-02 05:36 | 風景スケッチ

物語 其の三

c0126020_2282151.jpg


この建物が長い年月を耐えてきたように
おまえとわたしも 思えば長い間
供に歩んできたものだね

嵐や大風に木が倒れたこともあったろう
思わぬ季節外れの雪に草花が萎えたこともあったろう
庭に放たれた鹿たちが
獣に食われた日もあったろう

それはちょうど
おまえとわたしがいがみ合い、争い、
穏やかでない時を過ごしたのと同じだな

そして今、この夕暮れに
ここにこうしてお前と並んで、この広大な敷地を眺めていると
二人で歩んだ時間の重さが形になって見えている気がするんだよ

おまえとわたしがこうして
巣へ戻っていく鳥の声を遠くに聞きながら
よりそって立っている事の幸せを
そうして寄り添ってきた多くの者たちを
この屋敷は何組も
見守ってきたことなのだろうね

さあ、残りの日々を
穏やかな愛に包んで過ごしていこうではないか。

[Dyrham Park , Bath- used in the film:
The Remains of the Day]
[PR]
by tantarra | 2008-05-30 02:40 | 風景スケッチ

物語 其の二

c0126020_547885.jpg


僕が大きくなったとき
この日の この時のことを
覚えていないかもしれない

多くの兵を失いながら
僕の祖国を導いた
あの老政治家が住んでいた家の
広大な庭で

母を
僕が追い
父が
その僕を
追い
3人で笑った日のことを

でも僕はきっと
庭を見るたびに
満開のアザレアを見るたびに
心のどこかにしまわれた
この日の明るい午後のことを
なんとなく
思い出す事だろう
[PR]
by tantarra | 2008-05-26 05:53 | 風景スケッチ